ボーカル&ボイストレーニングコース

sheermusic facebook ページ

ワンポイントレッスン

腹式呼吸とは?

寝ている時は自然と腹式呼吸になります。

呼吸は大きく分けて胸式呼吸と腹式呼吸の2種類に分けられます。胸式呼吸とは、肺の上部で息の出し入れをすることです。息を吸うと胸や肩が息で押されて膨らんでくる感じがあります。特に深呼吸をした時や、運動をした後に息切れしている時などが分かりやすいと思います。それに対して腹式呼吸とは、肺の深い部分(下部)で息の出し入れをするので、肺の下にある横隔膜の運動を伴います。肺の下の方に息が入ると、その下にある横隔膜が押し下げられ、さらにその下にある内臓が圧迫されてお腹や脇腹や背中が膨らんできます。それがお腹で呼吸しているように見えるので腹式呼吸と呼ばれています。お腹には直接息が入っているわけではありません。寝ている時やリラックスしている時は自然と腹式呼吸になります。

歌うときに、腹式呼吸の方が良い理由。

では、なぜ歌には腹式呼吸が良いとされているのでしょうか?声を出す時は息をはいて声を出すので、そのために体の中にまず息を取り込んで貯める必要があります。その貯めた息をはいていくことで声のコントロールをします。では、息を胸式呼吸で(深呼吸をするようにして)少し多めに吸って止めてみてください。胸や肩に力が入りませんか?この状態で声を出し続けたり、歌を歌うのは不自由ですよね。すぐに息をはきたくなってしまうと思います。ということは、息を貯めておきにくいのです。そのため、息を一定にはいたり、ちょっとずつはいたり、強くしたり弱くしたりなどのコントロールがしにくくなってしまいます。単純に腹式呼吸に比べて胸式呼吸の方が入る息の量が少ないので、息を使う効率が悪く、ロングトーンなどにも不利になります。また、胸式呼吸で息を吸った状態でいると、喉の周りが圧迫されて狭くなってくる感じがしませんか?これによって、声が響く空間が狭められてしまい、響きの少ない薄っぺらい声になりやすくなってしまいます。

やっぱり、腹式呼吸が大切です。

まとめると、胸式呼吸だと息のコントロールがしにくいため、声帯に必要以上の息が当たってしまい声帯を痛めやすい、声帯のコントロールがしにくくなってピッチが狂いやすい、高音や低音が出しにくい、声の強弱をつけにくい、ロングトーンが安定しにくい、息が続かないなどの状態が起こります。また、胸や肩に力が入ったり喉の辺りが狭くなってしまうので、声の響くところが邪魔されて響きの良くない声になってしまいやすい、肩・胸・喉などの筋肉が必要以上に疲れてしまうなどのデメリットもあります。
それに対して腹式呼吸だとその逆で、息を貯めておくことが楽で息のコントロールがしやすくなるので、声帯を鳴らすのに必要最低限の息で効率よく声を出すことが出来る、声帯のコントロールもしやすくなるのでピッチを合わせやすくなる、声の高低や強弱が自由になる、息が安定するのでロングトーンも安定する、息も続きやすくなる、上半身や喉周りが共鳴しやすくなり響きの良い声になる、上半身に力が入らないので声を出すのが楽になるなどのメリットが沢山あります。

ページTOPへ

高音を出すには?

リップロールで高音を出してみよう。

高音を出すには、腹式呼吸・脱力・正しい声帯の使い方・共鳴などの様々な発声の要素が必要になります。その要素をうまく取り入れた発声の練習方法が、リップロールです。ではリップロールという発声について説明しましょう。リップロールとは、息を吐きながら唇をプルプルと震わせて行う発声方です。リップロールを楽に実践する方法は、手もしくは指で口角を軽く押さえてやってみると良いでしょう。なぜリップロールが高音を出す為に良いかというと、まず脱力を感じながら地声・裏声・ミックスボイスと様々な練習がしやすい事と、音を出しながら息の流れが実感できるというメリットがあるからです。

こんな意識をしてみよう。

例えば、ピアノやキーボードの鍵盤の、一番低い音と一番高い音を弾いてみてください。音の高さはもちろん違いますが、音の「質」と言う面ではどうでしょうか?低い音ほど太くずっしりとしていて、高い音ほど明るく軽い音ではありませんか?世の中の楽器の音には全てこういった特徴があります。人間の声も同じです。音が高くなるほど明るく軽い声を出していくようなイメージをしてみましょう。始めは子供のような声になってしまってもいいと思います。また、高い声を前に前に押そうと思うと、重い声が押し出されてしまいます。高い音に行くに従って、軽い音が頭の後ろの方に上っていくようなイメージで声を出してみましょう。

出ないと思い込んでいる。

「どうせ自分には高い声は出せない」、「もともと声が低いから高い声は出ない」などと最初から決め付けて、高い声を出すのを躊躇してしまっていませんか?でも、普段しゃべっている時に意外と高い声を出していることも多いんですよ。歌うと構えてしまってそれが出来なくなってしまうこともあると思います。ダメでもともと、思い切って高い声を出してみましょう。意外と、自分が思っているより高い声が出たりしますよ。ただし、頑張って無理し過ぎないようにしてくださいね。

ページTOPへ

声が枯れない為に?

腹式呼吸を使って声を出してみよう。

ついつい高い声や大きい声を出そうと頑張ろうとすればするほど、声が枯れてきませんか?もし納得された方は、それは喉に頼って声を出そうとしているかもしれません。喉で声を出そうとすると、喉に力が入り、ダイレクトに喉に負担をかけてしまいます。しかし腹式呼吸で声を出すと、お腹の支えが必要になり、先ほどまで喉に負担をかけていた力がお腹のほうにかかる為、声が枯れ難くなります。まずは腹式呼吸でブレストレーニングを行い、慣れてきたら徐々にブレスに声を乗せていくトレーニングが効果的です。

喉を開けましょう。

喉を開けるには、あくびをするように口の中に空間をつくり、そして舌根(舌の付け根)が下がる感覚を覚えましょう。また下あごを斜め後ろに下げるように口を開ける事で、喉仏が上がらないようにする事もできます。歌っている時も、喉が開いている状態を保って、身体を楽器のように共鳴させて歌うことで、声が枯れ難くなります。

水分を取りましょう。

喉の乾燥は、声が枯れやすくなる原因の一つです。特に乾燥している時期や場所だと、こまめに水分を取ることをおすすめします。また加湿器やマスクなど使用して普段から喉のケアを行うことが大切です。

ページTOPへ

ビブラートを上手にかけるには?

ビブラートは出来るようになる。

ビブラートがうまく出来るようになりたい。でも難しい。。。という認識の方が多いかもしれません。
しかし基本となる発声をしっかり身につければ、誰でもビブラートができるようになります。ビブラートが出来るようになることで表現力も豊かになり、あなたの歌声がさらに魅力的なものになるはずです。

ビブラートの種類について。

ビブラートにはいくつか種類があります。簡単な所では喉を使ってビブラートをかける種類と横隔膜を使ったビブラートがあります。喉を使ったビブラートをちりめんビブラートと言い、これは細かい揺れ幅のビブラートです。横隔膜を使ったビブラートは、揺れ幅が大きいが特徴です。いくつかのビブラートにも好き嫌いがあると思うので、まずは自分が好きなビブラートを見つけだしてみてください。ただ、ビブラートをかけるとピッチがずれやすくなることもありますので注意してくださいね。

横隔膜を使ったビブラート。

今回は横隔膜を使ったビブラートをお伝えしたいと思います。横隔膜を使ったビブラートではお腹の支えがあるので、喉が開いた状態を保ちやすく、ビブラートの揺らぐ幅も大きくバラードの曲などにとてもマッチします。
では練習方法を教えましょう。まず少し自分の出る音域の高めの音でロングトーンをします。ロングトーンをしている最中に手で横隔膜(みぞおちの辺り)を一定にグッグッと押してみてください。声が揺らぎませんでしたか?声がうまく揺らいでいる場合、それはビブラートがかかっている状態です。これを何度か繰り返し、その感覚を保ったまま手を使わなくても出来るように練習していきましょう。